レーシック手術とは角膜を手術して視力を矯正する外科的な方法です

レーシック手術とは、角膜を手術して視力を矯正する方法で、「角膜屈折矯正手術」ともいいます。1990年代からアメリカなどで行われるようになり日本では2000年から行われ始め、手術を受ける人は増えています。

LASIK(レーシック)という言葉は「Laser in Situ Keratomileusis」の頭文字をとったものから来ており、日本語に訳すと「レーザーで角膜を修正する」という意味になります。医療機器によって角膜を削り、屈折率を変えて視力を矯正するのです。

視力測定

具体的には、レーザーなどの医療機器によって角膜の表面を薄く切り取り、フラップとよばれるふた状のものを作ります。そして角膜の内側にレーザーを当てて削ってからフラップをもとに戻します。その後フラップは自然に接着します。

レーザーで角膜を削って形状を変えることで、角膜の屈折率が変わります。角膜の屈折率が変わると近視から正常な視力に矯正されるのです。このため、レーシックを受けた後は裸眼でもよく目が見えるようになるのです。


この手術では麻酔も行いますが神経の通っていない角膜を削るので痛みもほとんどなく、手術自体は10分程度で終了します。日帰りで帰ることができ、視力は手術直後から1日後くらいで裸眼でもよく見えるようになります。

術後しばらくするとフラップが安定して視力が安定します。メガネやコンタクトレンズを使わなくても裸眼でよく見えるようになるので、毎日の用具のケアといった手間が省け、ものを見るのが快適になるメリットがあります。

 

レーシックでの検索結果

※レーシックで検索すると様々なレーシック医院が出てくる。

関連記事(合わせて読む)

銀座近視クリニックがSBCと合併統合